2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 10周年記念 | トップページ | 土地売出し »

2016年12月13日 (火)

セイタカアワダチソウ

幼少のころ小児喘息だった私にとって

セイタカアワダチソウは喘息の元凶。

まさに天敵でした。

その後、特別な治療をすることもなく

大人になり自然と喘息は治りました。

 

        晴れ

 

社会人になったばかりのころ

仕事で測量に行った際、

セイタカアワダチソウが生い

茂っていました。

体質的に無理だと拒絶しましたが

受け入れられるわけもなく

仕方なくセイタカアワダチソウの

群生の中に入りましたら、案の定

その日のうちに熱をだしダウンしました。

それ以来、できるだけ近づかず、

近づくときは息を止めるように

しました。

 

あるとき、ご案内中のお客様が

「綺麗な花!」ということで

セイタカアワダチソウを

たくさん摘んでこられたときは、

卒倒しそうになりました

 

そして、つい先日たまたまウィキペディアで

セイタカアワダチソウを調べたところ

『一時は気管支喘息や花粉症の

元凶だと考えられていたが、

セイタカアワダチソウは虫媒花で

風媒花ではないので、花粉の生成量は

少ない上に比較的重く形状も風で飛ぶ

には不適である為無関係だと考えられている」

と記されていました。

あれっ!?

関係なかったの?

どうも思い違いのようです。

 

ちなみに、花粉症の原因となるブタクサ

セイタカアワダチソウと勘違いされている方も

多いそうですヨ。

 

               60nigaoe_o_color_b_think2(大西)

              Gls_4 グッドビング 

 

« 10周年記念 | トップページ | 土地売出し »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイタカアワダチソウ:

« 10周年記念 | トップページ | 土地売出し »

無料ブログはココログ